読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

J1 第1節

まずは横浜FM vs 浦和。

開幕戦。

新生マリノスはポジティブトランジションでまず斎藤選手っていう感じで迷いがないですね。

でもって斎藤選手のキレがすごいですね。

先制のシーンもドリブルから落ち着いたアシストでした。

決めたバブンスキー選手のシュートもかなりすごいのですが、前線からかなりプレッシャーを掛けています。

浦和の5トップ対策なのか、マルティノス選手はDFラインまで下がることもあり、相当走っている印象です。

ハーフタイムの走行距離ランキングを見ると、面白かったのはマリノスは前線の選手が走っていて、レッズは後ろの選手が走っているということですね。

おそらくマリノスは前から守備する、レッズは後ろが攻撃に参加する、ということなんでしょうけど、興味深いです。

まぁあとはチャンスを決めきれるかみたいな話で、ラファエル選手がやっぱりすごいなというのと、斎藤選手がゴール前で落ち着いて決めるようになったら恐ろしいなという感じです。

後半途中で切り上げて鹿島 vs FC東京

東京のワントップ大久保選手と右ウィング永井選手に違和感しか感じないですね。

太田選手が戻ってきたのは大きなプラス要因。

鹿島はやはりレオシルバ選手を補強したのが柴崎選手の移籍以上の効果がありそうです。

試合は東京のポゼッション対鹿島のカウンターといった風情でがっぷりよっつ。

鹿島はカウンターと言っても結構高い位置からプレスを掛ける感じ、最後まで見てないけど最終的に東京が勝ったみたいw

そしてC大阪vs磐田。

磐田新加入の中村俊輔選手も普通に馴染んでましたね。