読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

J1リーグ 2nd 第14節 神戸 VS 川崎F

川崎ここは正念場でしたが、1stもギリギリで取り逃がしていたし、シルバーコレクター感が出てきました。

神戸は特にリードしてからは川崎の最終ラインにあまりプレッシャーをかけず、ショートパスで次に繋いだところを狙ってショートカウンターという感じのプランだったかと思います。

これはよくハマっていましたが、それでもなお決定的なシーンを幾つか作ってくるところが川崎らしいところではあります。

チャンピオンシップの行方も気になるところですが、この川崎の持ってない感じからするとここまで強いチームを作っておきながら無冠も大いにあり得るというのが興味深いところです。