読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

J1リーグ 2nd 第11節 浦和 VS 鳥栖

優勝争いを占う一戦。

浦和の3-4-3はトップにズラタン選手が入る形。

鳥栖は浦和のWBにインサイドハーフが付いていく形で対応、空いたスペースを前線が埋めるのだけれども、そのタイムラグで使われちゃうことがあったかなと思います。

鳥栖の前からのプレスで良くボールを回収できていたけれども、攻守ともに最後のところですかね、そこの精度の違いが出たかなというところです。

あと一つ気になったのはポジティブトランジションでスピードが落ちるところですね。

一度止めてしまったり、バックパスだったりですね。

むしろ遅攻の方が攻撃がスムースなところがあって面白いところです。

どう攻撃するかのイメージがある状態でビルドアップするのと、奪った後の攻撃のイメージがない状態との違いということでしょうか。

でもJ屈指の組織的な守備なのである程度パターンありそうですけど、今後の課題なのでしょうかね。

ちょっと追記。

鳥栖のゲーム内容は鹿島戦より良かったイメージがありますね。