J1リーグ 2nd 第9節 磐田 VS 鳥栖

吉牛でカルビ丼を食べてから観たのですが、後でムスタファ・エル・カビル選手と掛かっているのではないかと思ってしまいました。

風邪気味で前半で力尽きて寝てしまったのですが、前節川崎よりも磐田の方が鳥栖相手には機能している感じでしたね。

シンプルに前に運ぶ、サイドを使う、前線の選手のクォリティの高さ、といった点が鳥栖相手には効果的なのかもしれません。

鳥栖は4-3のブロックなので、どうしてもサイドチェンジに弱いということがあると思います。

この辺り、磐田の元々の攻撃パターンでもあるようで、あまり前からの守備が機能しない展開でしたね。

互いにチャンスを作りながら、最後の最後で磐田が同点ゴールということですが、内容を観た感じ妥当な結果ではないかなと思います。

あと気になったのは吉田選手の守備範囲ですね。

Jリーグサイドバックとしては無類の対人守備力のある選手ですが、自分の持ち場を離れすぎではないかと。

今のところ決定的な穴になっていることはないのですが、あそこで横にはたかれたらどうするんだろう?と思うシーンがいくつかあったかと思います。