読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

J1 2nd 第6節 サガン鳥栖vs鹿島アントラーズ

1st優勝の鹿島を破った一戦。マジかよっていう感じですね。

結果的にはクリーンシートでしたが、鳥栖の守備は、いつもの高い位置でのボール回収ができず、サイドで囲んで取ろうというところでも鹿島の連携や個人技に破られ、かなり厳しい感じでした。

やはり鹿島は選手の格が一つ違うと感じました。

鳥栖の攻撃面では、今まであまり見られなかったコレクティブなカウンターが機能するようになっているというのも面白いところで、相手によって、局面に応じて、複数のプレーモデルを使い分ける練習をしているということなんでしょうか。

鳥栖があまりCBにプレッシャーをかけないこともあって、互いに結構な数の決定機があり、内容的にはどっちが勝ってもおかしくなかったと思います。

そこでなぜか勝ってしまうというのが、今の鳥栖の勢いということなんでしょう。