J1 2nd 第1節 サガン鳥栖vsFC東京

とんでもない試合でした。

東京はバーンズ選手が良かったですね。

同時に鳥栖の最終ラインの脆弱さが目立ちました。

カバーしているはずの場所にパスが通されてしまって、これがタレントの差を感じます。

堅守と言われている鳥栖ですが、実際はボールを持つことで、守備の欠点を隠しているとも言えますね。

鳥栖はボールを持ちながらの攻撃はそこそこ機能しているものの、東京の守備重視のバランスもあって、なかなか点を取れずといういつもの感じでしたが、コーナーからラッキーな得点がありました。

そして、ロスタイム入ったあたりで、リードしていた東京の交代策がバーンズ選手→平山選手です。

これ、ロスタイムに追いつかれる展開じゃないかと、この交代の瞬間に思ったというか、口に出してしまいましたが、事実はもっとすさまじい事態になりました。

1点入ったところでやっぱなーと言って、お手洗いに行ったらもう1点入ってるというのは、流石に予想できなかったです。

フィッカデンティ監督の弁によると、平山選手なら裏は狙われないからよりコンパクトに攻撃に行けたということだそうですが、スカウティングって大事ですね。