J1 1st 第17節 アルビレックス新潟vsサガン鳥栖

とりあえず鹿島優勝おめでとうございます。

ソリッドなチームというか、勝利への意志の強さが一つ抜けてたかなという印象で、優勝も納得ですね。

さて当日は諜報活動のためリアルタイムで見れず、スタッツを先に見ました。

そのため、3倍ぐらいのシュート数の新潟が圧倒的する展開かと思っていました。

しかし、内容を見てみると、新潟は遠くから打たされるシュートが多く、鳥栖はチャンスをシュートに繋げられないといった感じで、ほぼ互角の戦いでしたね。

前半は新潟のボールリカバリーの早さが際立っていて、ネガティブトランジションで中盤でボールを取るパフォーマンスは素晴らしかったです。

ただ、そこからダイレクトにゴールを目指す感じでもなく、遅攻で崩す仕掛けがあるわけでもなくで、決定的なシーンはそこまでなかったと思います。

後半は鳥栖も積極的なボール回収ができるようになったものの、チャンスを活かせずですね。

鳥栖の攻撃の中心とも言える鎌田選手にほとんど自由を与えなかったレオシルバ選手が試合全体で効いていたと思います。

成績上は新潟はそこそこ点を取れているようですが、攻撃の方に課題がありそうです。

鳥栖は攻撃の中でも最後のところが課題ですね。

補強で改善されるのか興味深いところです。