J3 第13節 SC相模原vsカターレ富山

あんまりちゃんと観てないですが……

まずは、 お互いにサイドバックがあまり上がらず、センターバックもあまり開かないビルドアップというのが面白かったです。

上のカテゴリーではあんまり見ない気がするのだけれども、CBの足元の技術的な問題なんでしょうか。

富山はさらに433の守備が面白いですね。

3列でブロックを作ることで、高い位置で奪える可能性が高いということと、そう簡単に引いた形にならないというメリットは大きいですね。

どちらの3も攻撃時にワイドに開かないタイプなので、攻撃は基本的に速攻、ダイレクトプレーということなんでしょう。

一方の相模原は川口能活選手がキーパーやっていて驚いたのですが、隙のあるサイドを縦に使った攻撃は効果的だったと思います。

後半はアーリークロスなんかも合ってきてた感じがしました。

攻撃機会は相模原の方が多かったんですが、コーナーからの失点で0-1と、惜しい試合でしたね。