読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

J1 1st 第16節 サガン鳥栖vsガンバ大阪

サガン鳥栖としては、おそらく今年のターニングポイントになりそうな試合でしたね。

連戦と移動で疲労しているとはいえ、格上のガンバを相手に序盤から自由にさせず、何度も決定機を作り出しました。

ただし、最後のところのクォリティの違いは明確で、先制はガンバが少ないチャンスをものにしました。

短い距離から速いアーリークロスで、ディフェンダーの人数が揃っていても難しい、下手にクリアするとオウンゴールになってしまう、というフィニッシュですね、実際、手前で一人触れそうでしたが、無理には行かず、結果、宇佐美選手に決められるという感じですね。

その後、後半に鎌田選手が突然爆発して2得点上げたわけですが、元々技術がある選手なので、今後、得点力のあるアタッカーに成長するかもしれませんね。

鳥栖の課題は最後の決定力で、このまま鎌田選手が安定的に得点を取れるようになると2ndステージは面白いかもしれません。