読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

J1 第10節 FC東京vsサンフレッチェ広島

調子を崩している2チームの対決ですね。

両チームともに守備時は5バックにする手堅い戦い方を選択、さらに広島は最終ラインでボールを回す時間も長く、かなりリスクを嫌っている印象でした。

中盤のカバーリングは東京の方がちょっと良かった気がするけれども、結果的にはあまり変わらずか。

攻撃面は、東京はもったいないチャンスが多かったと思います。

広島は先制した直後ですよね。ここを締めれたら良かったと思います。

あと広島のウタカ選手がすごいですね。

ああいう外国人選手を引いてくるのには広島には何かあるんでしょうか。

ちょい追記

東京は最近、守備を去年に戻したみたいな話を聞くんですが、この試合に関しては、守備的にはしてるけど、やり方は違うのかな、という印象です。

この試合は、守備時5バックが基本形で、去年なら4バックが基本形かなと。

広島の前線に対応して5バックになってるわけでもなさそうでした。