J1 第15節 名古屋グランパスエイトvsサガン鳥栖

なんだか下位相手に取りこぼし中のグランパスと、浦和から勝点1をもぎ取り調子を上げてきた鳥栖の一戦です。

まぁその勢い通りの結果だったわけですが、鳥栖の得点力の低さは相変わらずの課題ですね。

最初の得点は練習通りのセットプレーという感じでしたが、他にも多くのチャンスがありながら決めきれないというのが今の鳥栖の限界というところです。

ここから点を取る、ということになると、選手個人の上達という部分になり、上達するトレーニングが組まれているか、というのが気になりますね。

後半は徐々に名古屋のペースになってきて、最終的にはどっちが勝ってもおかしくない試合という感じでした。