読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

J1 第14節 サガン鳥栖vs浦和レッズ

鳥栖は、珍しく5バックに型を変えていました。

4-3-1-2の3の真ん中が1列下がる感じでしょうか、浦和の両ウィングにほぼマンマークでつける形で、浦和の得意な攻撃がだいぶ封じられていたと思う。

ひょっとするとこれぐらい守備的に行ったほうが良いのかも知れないです。

浦和は浦和で前からのプレスと遅攻になっても4-3で弾き返す守備力というか、鳥栖のビルドアップの悪さというか、があった。

両チームで攻撃速度には随分差があったように思う。

まぁ、互いに決定機は作れず、運の良いほうが勝つ展開で、ドローなので、鳥栖としては勝点取れて良かった、浦和は勝ちを落とした、という試合ですね。

浦和は別の攻め手があれば、また結果が違ったかも知れません。