J2 第14節 セレッソ大阪vsレノファ山口

今期J2の台風の目とも言えるレノファ山口と、今年はさすがにJ1復帰かというセレッソ大阪の一戦。

山口は攻撃的と言われているが、どちらかというと守備を重視している印象です。

サイドにあまり人を置かない攻撃で、あまり人数をかけずに速く攻めきる。

後半の再逆転後などは、サイドバックとダブルボランチが両方残る守備に重きを置いた戦い方になっていました。

運動量が豊富という触れ込みだけれども、チーム全体としては、実はそこまで走ってないのかな?と思いました。

また、選手のテクニック的なクォリティが低く、動きながらボールをコントロールするのが苦手な選手が多いのも面白いところです。

この間の高校サッカーの国学院久我山を連想させますね。

最後二点差になってしまったのは、セレッソが前がかりになってしまったためなので、そこまで実力に差がある感じではないですね。

選手のクォリティならセレッソのほうが圧倒的に高いですし。

山口は、うまいこと組織が構築され、その戦い方に必要なトレーニングができている、ということなんでしょうね。