読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

J1 第11節 サンフレッチェ広島vsサガン鳥栖

チームの実力と比べて出だしつまづいている2チームの一戦です。

ゲーム前に4バック3ボランチ?の鳥栖は広島の攻撃を支えきれないと予想していたが、やっぱり無理でした。

鳥栖は、守備ではバックラインは裏を取られすぎ、かといって前3人のプレスにボランチが連動しないのでボールを奪えず、その結果トランジションで速く行くことも出来ず、攻撃ではミドルサード以降のビルドアップも満足に出来ず、一方的なゲームという印象です。

広島は、早い時間に先制したので、5−3−2とか5−4−1のような形ですぐに守備を固めてリスクを取らず、チャンスが来れば新加入のウタカ選手がハイパフォーマンスを見せつけました。

気になるのはここ数試合、鳥栖はゲームの内容が悪いということですね。

シーズン序盤はもっと前からのプレスが効いていて、トランジションから素早く攻撃の形ができていたと思います。

これ、ひょっとすると怪我の鎌田大地選手の離脱が効いているのではないでしょうか。

組織的なプレスやアタッキングサードでの崩しに鎌田選手の個人能力が不可欠なチームなのかも。

東京でもフィッカデンティ監督は太田選手や武藤選手の個の力で攻撃してましたしね。

個人的にはフィッカデンティ監督はもうしばらく見たいのですが、結果も内容も悪いとなるとそろそろダメかも知れないですね。