J1 第9節 横浜マリノスvs湘南ベルマーレ

ここまで際どい試合を拾ったり、去年に引き続き遅れてやってきた外国人選手が良かったりで好調だったマリノスと、リーグ一頑張ってるけど勝てないベルマーレの一戦です。

試合は始終マリノスが圧倒、ベルマーレにまともなビルドアップを許さない守備、奪ってからの素早い攻撃と、攻守にわたってかなりの完成度。

どっこい前半の内に一瞬の隙をベルマーレに突かれ失点、決定機を作り続け、さらにPKを得たものの得点ならず、でした。

一つはいわゆる決定力不足ですよ。

分かりやすい方の外国人、マルティノス選手が欠場したのも大きい。

そして、ベルマーレGK村山選手の活躍も忘れちゃいけません。

PKストップ以外にもだいぶ止めてた印象ですね。

そしてベルマーレの得点シーンです。

ベルマーレの右サイドからの攻撃にプレスをかけたものの、ショートパスではがされて、空いたバイタルで前を向かれてフリー、そこからスルーパスで高山選手が落ち着いて決めたという流れです。

ひとつ目は、最終ラインは一応人数が足りていたので、中澤選手(かな?)が高山選手のダイアゴナルランに付いて行くことも出来たはずです。

それに付いて行くとCB二人がゴール前を空けることになるので迷うところだとは思うのですが、付いて行って良かったのではないかなー

もう一つは、もう一人絞っていれば、というところで、空いたバイタルに一人スライドできればスルーパスを防げました。

ただ、だいぶポジション崩れるので絞りづらいところではありますが、失点するよりマシでしょう。

そして、あと一つは、そもそもサイドの守備に人数かけすぎではないかと。

ウィングが行ってるならボランチはそのカバーリングポジションに居るべきで、そうするともう一人のボランチがバイタルにとどまれるわけです。

高い位置で奪いたいのは分かるけれども、ちょっとリスク取り過ぎではなかったかと思いました。

あるいはディフェンスライン上げるかですけどね。

細かいディティールの積み重ねが結果を左右した、そんな感じがありました。

さて、この試合の後、ベルマーレは連勝、マリノスは連敗し、なんだか両チームにとってターニングポイントとなる試合だったのかなと思います。