読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

J1リーグ 2nd 第14節 神戸 VS 川崎F

川崎ここは正念場でしたが、1stもギリギリで取り逃がしていたし、シルバーコレクター感が出てきました。

神戸は特にリードしてからは川崎の最終ラインにあまりプレッシャーをかけず、ショートパスで次に繋いだところを狙ってショートカウンターという感じのプランだったかと思います。

これはよくハマっていましたが、それでもなお決定的なシーンを幾つか作ってくるところが川崎らしいところではあります。

チャンピオンシップの行方も気になるところですが、この川崎の持ってない感じからするとここまで強いチームを作っておきながら無冠も大いにあり得るというのが興味深いところです。

J1リーグ 2nd 第13節 大宮 VS 鳥栖

大宮は家長選手がやはりめちゃくちゃうまかったですね。

ゴール前の精度がだいぶ違いました。

鳥栖の守備で面白かったのは、吉田選手のポジションですね。

あまりワイドの相手につかず、右に守備ブロックをスライドした時に左ワイドを福田選手がカバーするという格好でした。

後半はそこを突くためか家長選手が右サイドハーフにポジションを移し、かなりこれが効果的だったかなと思います。

さらに中二日でほとんどターンオーバーしていない鳥栖はさすがに寄せが甘くなったかなというところはありました。プレスに行ったときの距離が詰めきれない感じでしたね。

逆に普段の試合での後半の走りの落ちなさがおかしいのかもしれません。

おもしろいwww

J1リーグ 2nd 第12節 鳥栖 VS 広島

なんかすごい試合でしたねー

今日は最後のところのクォリティが勝敗を分けたかなと、広島の最初の得点などはすごかったです。

鳥栖はそこを補うためにエルカビル選手を使っているわけですが、最後のところ以外では他の選手の方が連携も取れていて良いという感じでしょうか。

ロスタイムに二点取ってひっくり返した試合が以前ありましたが、さすがに一年に二度はなく、しかし最後の猛攻は面白かったですね。

スカパーの解説も偏向していた感じです。

今節は大宮川崎も前半見ていたのですが、すごい戦いだったみたいで、なんだかそういう日なんでしょうね。

J1リーグ 2nd 第11節 浦和 VS 鳥栖

優勝争いを占う一戦。

浦和の3-4-3はトップにズラタン選手が入る形。

鳥栖は浦和のWBにインサイドハーフが付いていく形で対応、空いたスペースを前線が埋めるのだけれども、そのタイムラグで使われちゃうことがあったかなと思います。

鳥栖の前からのプレスで良くボールを回収できていたけれども、攻守ともに最後のところですかね、そこの精度の違いが出たかなというところです。

あと一つ気になったのはポジティブトランジションでスピードが落ちるところですね。

一度止めてしまったり、バックパスだったりですね。

むしろ遅攻の方が攻撃がスムースなところがあって面白いところです。

どう攻撃するかのイメージがある状態でビルドアップするのと、奪った後の攻撃のイメージがない状態との違いということでしょうか。

でもJ屈指の組織的な守備なのである程度パターンありそうですけど、今後の課題なのでしょうかね。

ちょっと追記。

鳥栖のゲーム内容は鹿島戦より良かったイメージがありますね。

J1リーグ 2nd 第10節 鳥栖 VS 新潟

エル・カビル選手をスタメンに加えた新サガン鳥栖、苦手な新潟との一戦です。

新潟はなぜかJリーグではあまり見かけないオーソドックスな433で、肝のインサイドハーフにJ屈指の中盤、レオ・シルバ選手、というかレオ選手を活かすための433と言うべきでしょうか。

新潟の右ウィング、ラファエル・シルバ選手もスピードと技術を併せ持つ選手ですが、鳥栖の左サイドバック吉田選手がマッチアップしていて、どうもここでボールを取ることが決まっているようで、二人がかりでボールを奪う形を作っていました。

前半の最初はうまくビルドアップができなかった新潟も、途中からサイドをうまく使って攻撃が出きるようになってきて、それに対して鳥栖はカウンターという雰囲気です。

後半はその辺りの修正があったのか、新潟はビルドアップを完全に封じられた感じでした。

次節の鳥栖は2位浦和との直接対決で、これに勝って川崎が引き分けたりすると一気に首位に出る位置に来ていて、川崎・浦和の持ってなさを考えると2nd優勝もひょっとするとあるかも知れないと思ってしまいますね。

J1リーグ 2nd 第9節 磐田 VS 鳥栖

吉牛でカルビ丼を食べてから観たのですが、後でムスタファ・エル・カビル選手と掛かっているのではないかと思ってしまいました。

風邪気味で前半で力尽きて寝てしまったのですが、前節川崎よりも磐田の方が鳥栖相手には機能している感じでしたね。

シンプルに前に運ぶ、サイドを使う、前線の選手のクォリティの高さ、といった点が鳥栖相手には効果的なのかもしれません。

鳥栖は4-3のブロックなので、どうしてもサイドチェンジに弱いということがあると思います。

この辺り、磐田の元々の攻撃パターンでもあるようで、あまり前からの守備が機能しない展開でしたね。

互いにチャンスを作りながら、最後の最後で磐田が同点ゴールということですが、内容を観た感じ妥当な結果ではないかなと思います。

あと気になったのは吉田選手の守備範囲ですね。

Jリーグサイドバックとしては無類の対人守備力のある選手ですが、自分の持ち場を離れすぎではないかと。

今のところ決定的な穴になっていることはないのですが、あそこで横にはたかれたらどうするんだろう?と思うシーンがいくつかあったかと思います。

J1 2nd 第8節 鳥栖 VS 川崎F

今日はなんもメモ取ってないです。

特に前半は互いに良い所を出しあった良い試合だったかと思います。

川崎の崩しのクォリティと鳥栖の組織的なカウンター、そして両ゴールキーパーのレベルの高さがありました。

ただ川崎、本当に違いのある選手って実は数人で、組織の強さみたいなものが強さの根底にありそうに思いました。

後半は川崎に不運もあり、鳥栖のスタミナに圧倒された感じでしょうか。

内容的には4-0でもおかしくないところですが、1stからの課題である決定力が相変わらずの課題でしょうか。

助っ人の外国人勢のコンディションが上がった後どうなるかというところです。