J1 2nd 第6節 サガン鳥栖vs鹿島アントラーズ

1st優勝の鹿島を破った一戦。マジかよっていう感じですね。

結果的にはクリーンシートでしたが、鳥栖の守備は、いつもの高い位置でのボール回収ができず、サイドで囲んで取ろうというところでも鹿島の連携や個人技に破られ、かなり厳しい感じでした。

やはり鹿島は選手の格が一つ違うと感じました。

鳥栖の攻撃面では、今まであまり見られなかったコレクティブなカウンターが機能するようになっているというのも面白いところで、相手によって、局面に応じて、複数のプレーモデルを使い分ける練習をしているということなんでしょうか。

鳥栖があまりCBにプレッシャーをかけないこともあって、互いに結構な数の決定機があり、内容的にはどっちが勝ってもおかしくなかったと思います。

そこでなぜか勝ってしまうというのが、今の鳥栖の勢いということなんでしょう。

J1 2nd 第5節 アビスパ福岡vsサガン鳥栖

ユーロの決勝メモってるけど書いてないな……

福岡vs鳥栖のダービー。

福岡はかなり良いチームに仕上がってきている感じがありました。

やることが明確ですね。

バイタルを空けない守備ブロックと機能的なカウンターが印象的でした。

あと、元マリノス三門選手が来てるんですよ。

去年、俊輔選手いないときにトップ下でハイプレスの中心で、すごく良いパフォーマンスだったんですよ。

鳥栖はメンタル面が良くなっている印象で、戦術がハマってるからこそなのか、後半にリードを許したぐらいでそう簡単に崩れない、あきらめないというより、勝利の確信というか、そんなものを感じるチームになってきたかなと思います。

ここから強豪との戦いなので、本当に強くなっているのかが試される正念場ですね。

J1 2nd 第4節 サガン鳥栖vs名古屋グランパス

好調鳥栖と絶不調名古屋の戦いでした。

名古屋は4231でどちらかと言えばサイドに優位性があるシステムですね。

名古屋の攻撃がとりあえずシモビッチ選手という形なのですが、その裏に人が走っておくことが決まり事としてありそうで、シモビッチ選手が触れなかった時に拾う、あるいはシモビッチ選手がフリックでそこに落とす、という狙いがありそうでした。

鳥栖もそのスペースはカバーする形になっていて、特に決定的ということはなかったのですが、狙いは感じました。

対する鳥栖の攻撃はブロックの外側からのミドルシュートがほとんどで、ブロック裏へのスルーパスは数えてないけど2〜3本じゃなかったかと思います。

楢崎選手の素晴らしいセーブもあって得点には至らずでしたね。

互いにもう一工夫あると良かったのかなと思いました。

鳥栖はこのレベルの試合を続けられれば残留できそうですが、名古屋は何か変化が必要かもしれません。

J1 2nd 第3節 湘南ベルマーレvsサガン鳥栖

今年は鳥栖を軸に見てますが、今のところベストゲームだったと思います。

特に前半は布陣がコンパクトでボール回収がスムーズ、湘南にほとんど何もさせませんでした。

アタッキングサードの攻撃も多彩なパターンがありましたが、前半目立ったのはグラウンダーのアーリークロスですね。

何度かありましたが、最終的にこれに豊田選手が見事に合わせて先制点でした。

ポジティブトランジションで鎌田選手が裏に抜けて行くのも印象的でしたが、得点には結びつかず。

鎌田選手は3回ぐらい決定機がありましたが、この辺の確率も次第に上がってくるのかなと思います。

得点にはなりませんでしたが、ショートカウンターも徐々に武器になってきている印象があり、特に53分ごろのショートカウンターJリーグではなかなか見ないような見事なものだったと思います。

後半は徐々にコンパクトさが保てなくなり、湘南がボールを拾えるようになってきましたが、逆にスペースが生まれ、サイドに流れた豊田選手へのロングボールを使うよなビルドアップも織り交ぜて面白かったです。

一方の湘南は縦に速く攻めきる方針は徹底されている様子でしたが、あんまり活かせなかったですね。

4分ごろのサイド突破のワンツーみたいなプレーとか面白かったんですけどね。

J1 2nd 第2節 ヴィッセル神戸vsサガン鳥栖

第1節を勝って調子を上げている2チームの対決でした。

鳥栖は守り方を4231にしたと思ったのですが、フィッカデンティ監督によると意図は4321のクリスマスツリーで、トップ下の2人が神戸のダブルボランチを見る形だったそうです。

良く見てなかったんですが、おそらく神戸のボランチが縦関係になって一人がブロックの中に侵入した結果4231っぽくなった、ということなんでしょう。

神戸のネルシーニョ監督はブラジル人ですから、ダブルボランチを攻撃時に縦に使うんじゃないかという先入観もありますね。

そんなシステムのせいか、鳥栖は高い位置でボールを回収できたのですが、攻撃時のクオリティの低さが目立ちました。

ポジティブトランジションで前にボールを送らないのは、ポゼッションを目指しているならまぁわからないではないですが、ワンタッチでのパスで崩せるところで、トラップしてしまって時間がかかって崩しが成立しないというシーンも多く見られました。

おそらくボールを受けるときに技術的な限界で周りを把握できてないということなんでしょう。

一方の神戸はビルドアップに苦しみ、ミドルサードのワイドから放り込むようなビルドアップが多めでしたが、それでなんとかできてしまう選手のクォリティがすごいですね。

後半はそういうパスを狙っていく意識が鳥栖に出てきて、フィッカデンティ監督がハーフタイムになんか言ったんでしょう。

神戸で印象的だったのはペナルティエリア角で何度かフリーになってクロスを入れるシーンがあったことです。

あの位置からだとかなり精度の高いボールが出るので、どう転ぶかわからない試合だったと思います。

J1 2nd 第1節 サガン鳥栖vsFC東京

とんでもない試合でした。

東京はバーンズ選手が良かったですね。

同時に鳥栖の最終ラインの脆弱さが目立ちました。

カバーしているはずの場所にパスが通されてしまって、これがタレントの差を感じます。

堅守と言われている鳥栖ですが、実際はボールを持つことで、守備の欠点を隠しているとも言えますね。

鳥栖はボールを持ちながらの攻撃はそこそこ機能しているものの、東京の守備重視のバランスもあって、なかなか点を取れずといういつもの感じでしたが、コーナーからラッキーな得点がありました。

そして、ロスタイム入ったあたりで、リードしていた東京の交代策がバーンズ選手→平山選手です。

これ、ロスタイムに追いつかれる展開じゃないかと、この交代の瞬間に思ったというか、口に出してしまいましたが、事実はもっとすさまじい事態になりました。

1点入ったところでやっぱなーと言って、お手洗いに行ったらもう1点入ってるというのは、流石に予想できなかったです。

フィッカデンティ監督の弁によると、平山選手なら裏は狙われないからよりコンパクトに攻撃に行けたということだそうですが、スカウティングって大事ですね。

J1 1st 第17節 アルビレックス新潟vsサガン鳥栖

とりあえず鹿島優勝おめでとうございます。

ソリッドなチームというか、勝利への意志の強さが一つ抜けてたかなという印象で、優勝も納得ですね。

さて当日は諜報活動のためリアルタイムで見れず、スタッツを先に見ました。

そのため、3倍ぐらいのシュート数の新潟が圧倒的する展開かと思っていました。

しかし、内容を見てみると、新潟は遠くから打たされるシュートが多く、鳥栖はチャンスをシュートに繋げられないといった感じで、ほぼ互角の戦いでしたね。

前半は新潟のボールリカバリーの早さが際立っていて、ネガティブトランジションで中盤でボールを取るパフォーマンスは素晴らしかったです。

ただ、そこからダイレクトにゴールを目指す感じでもなく、遅攻で崩す仕掛けがあるわけでもなくで、決定的なシーンはそこまでなかったと思います。

後半は鳥栖も積極的なボール回収ができるようになったものの、チャンスを活かせずですね。

鳥栖の攻撃の中心とも言える鎌田選手にほとんど自由を与えなかったレオシルバ選手が試合全体で効いていたと思います。

成績上は新潟はそこそこ点を取れているようですが、攻撃の方に課題がありそうです。

鳥栖は攻撃の中でも最後のところが課題ですね。

補強で改善されるのか興味深いところです。